採用情報

森田 伸真 Nobumasa Morita 採用教育グループ プランナー・2014年入社

お客様に「本音」を言える、一人前の営業マンを目指して

厳しい環境で成長を目指す

大学では広告や放送に関して学び、当時は広告の営業マンを目指していました。理由は、決まったモノを売りたくなかったから。結果的にはこの人材業界に飛び込んだわけですが、「お客様に一番適した採用方法をフリーハンドで企画する」というアイプラスのやり方に、仕事としての魅力を感じました。

入社を決めた一番の理由は、「楽しくシビアに」という会社の考え方です。私は高校卒業まではバレーボールに打ち込んできたにもかかわらず、大学に入りバレーをやめた途端自分に甘くなって、遊んで過ごす大学生活を送っていました。そのため就職活動中「自分は厳しい環境でないと成長できないのかもしれない」と考えていたところに、たまたま出会ったのが当社でした。「楽しく、シビアに」という考え方は自分が目指すべき環境だと思い、入社を決めました。

一人前の営業マンになるために

今の私の仕事は、新卒採用をお考えの企業様にアポを取って、そのお客様の所に伺い、ニーズを聞き取ってくる。聞き取った内容を持ち帰って、お客様に最適な採用計画を考えたうえで上司に相談し、必要な箇所には修正を加え、実際の提案の時には上司に同行してもらい、自分の話で足りない部分は上司に補足してもらう。その積み重ねを行うことで、一人前の営業マンを目指しています。初めて受注したときはとても嬉しかったですが、やはり、一日でも早く一人で営業から採用までを完遂できたときの達成感を味わいたいと思っています。

営業マンとしてお客様の信頼を得よう思ったら、当然「人間力」を養っていくことが重要。特に企業のトップと横並びで「人事のパートナー」として採用活動していくわけですから、お客様の言うことにただ相づちを打つだけではお客様のプラスにはならず「パートナー」にはなれません。だから言いにくい事でも「それは違いますよ」「こうすべきです」と本音を言える自分でなければいけない。昔から気が小さく、事を穏便に済まそうとする私は、自分自身の性根の部分を変えなければ、成長はありません。

入社以来、この自分の弱さを指摘され続け、なのになかなか本質を変えられない自分がいます。しかし、一日一日の意識と行動を継続してこれからも精進し、絶対に「一人前の営業マン」になりたいと思っています。

一覧ページに戻る