採用情報

中村 桂子 Keiko Nakamura 取締役 採用教育統括部長

強い想いを継承しつつ、さらなるサービスの充実を目指して

中小企業を元気にしたい

人材採用や教育の不足を補う便利屋ではなく、中小企業のトップが描く「こんな会社にしたい」という思いを共に実現するパートナーであり続けたいと考えています。

「パートナー=なくてはならない存在」となるためには、採用や教育に関して「結果を出す」のは必須条件。アイプラスに任せたら必ず「なんとかしてくれる」この安心感がパートナーとして選ばれる理由です。結果を出すためには、採用や教育に関する知識やスキルももちろん大切ですが、最も大切なことは「相手をその気にさせること」。「言いたいけど言えない」「やりたいけどあきらめてしまっている」など一歩踏み出せずにいる中小企業のトップや管理職、自分を変えたいけど変えられない内定者や新入社員に「頑張ろう」「やってみよう」「できそうな気がする」という気にさせ、相手が最初の一歩を踏み出す原動力となることが重要です。そのためには、「この会社の採用をなんとかしたい」「任された受講者の意識を変えさせたい」という強い信念を持って本気で課題に取り組む姿勢が、我々には求められます。

「これだけは」という自分の想いや心情を持っている人と働きたい

少子化が進み、新卒採用がますます困難になるであろう状況下で、今後採用した人材の戦力化促進や既存社員の能力開発など教育の必要性が高まることが予測されます。これらに対応するために、採用から教育まで一貫したサービス提供、特に教育分野のサービスを充実させ、実行していく力をつけていく必要があると考えています。

これらを実現するための課題は、社員の『個』の力をいかに高めるか。当社の商品は一人一人の社員。社員の成長が商品力に直結するので切実です。現在新卒で入社した社員が、「採用」「教育」それぞれの分野でリーダーとして活躍していますが、彼らの同志として相互啓発していく新卒採用は最優先課題だと考えています。「思いっきり稼ぎたい」「徹底して人のサポートがしたい」「困難な状況でも絶対にへこたれない」など、なんでもいいから「これだけは」という想いや心情を持っている人と一緒に新しいアイプラスを創っていきたいと考えています。

一覧ページに戻る