すぐ辞めるのでは?

「新卒って、すぐ辞めるんちゃうん?」
とお考えの企業様へ。

初めて社会に出て仕事をする新入社員。
社会人としての経験がなく、社会の厳しさや常識を知らず、転職に対する抵抗もない。
そしてなおかつ最近はゆとり世代。
そんな新卒生を採用しても、すぐに辞めてしまうのではないかという不安をお持ちかもしれません。

世間一般的な定着率は、1年目 86.9%、2年目 76.6%、3年目 68.7%
事業規模が99~30名の企業では1年目 83.4%、2年目71.7%、3年目 61%とさらに低下しています。
(厚生労働省 新規大学卒業就職者の事業所規模別離職状況 平成24年4月入社 より)

  • 入社1年目 定着率86.9%
  • 入社2年目 定着率76.6%
  • 入社3年目 定着率68.7%

しかし弊社にて採用活動をサポートした企業様の結果は
  入社1年後の定着率 99%
  入社2年後の定着率 93%
  入社3年後の定着率 85%
  ※過去5年の実績 (のべ412社)

  • 入社1年後 定着率99%
  • 入社2年後 定着率93%
  • 入社3年後 定着率85%

弊社が担当して入社した新卒社員の定着が高い理由は、様々考えられますが、
大きな要因の一つは、採用の方法です。
他に入社出来る企業がなかったので、渋々その企業への入社を決めた学生と、
自分の意思で、入社したいと思って入社した学生では
その後の定着率が大きく変わってくることは容易に想像がつくかと思います。
だからこそ我々は、「こちらから仕掛ける採用活動」が必要だと考えています。
そのために、弊社では学生に貴社の存在を知らせるところからスタートし、
その後説明会や選考のフォローや内定決定の意思確認までトータルにサポートいたします。
そして内定決定後も入社1年目、2年目、リーダー候補、などの離職を減らし戦力化するためのサポートを実施しています。
採用の仕方と育成の仕方によって定着率を向上させることは、可能なのです。

HOMEに戻る